水素水のKIYORAきくち公式サイト

最新情報・豆知識いっぱい!高濃度水素水を含んだナノ水素水のKIYORA(キヨラ)公式通販サイトです。名水百選の菊池水源の天然水使用。

健康と美容に効く水素水コラム

「かくれ脱水」にご注意を!

公開日:2016年9月8日 カテゴリ:アンチエイジング, 水素水の飲み方・使い方

隠れ脱水

みなさんこんにちは!KIYORAきくち広報の内藤です!

暦は9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。

暑い日の外出や発汗の多いスポーツ時、入浴前後などは意識して水分補給をされている方も多いと思います。

夏バテの予防はまず、脱水症状の予防から!

ところで皆さまは『かくれ脱水』をご存知でしょうか?

今回は『かくれ脱水』をテーマにお届けします。

『かくれ脱水って?』

『かくれ脱水』とは、脱水症状の一歩手前の状態のこと。

脱水症状は“なりかけ”のときはその症状に気が付きにくく、

予防のための対策が取られないことが多いため、『かくれ脱水』と呼ばれています。

脱水症状になってしまうと熱中症などになってしまうので、

この『かくれ脱水』の時点で水分補給をすることが重要です。

00046471_350A

汗を多くかく場所では、かくれ脱水に要注意!

屋外などの炎天下以外にも、かくれ脱水に陥りやすい環境が3つあります。

 

◆かくれ脱水になりやすい環境3つ

 

①閉めきった屋内

特に風通しの良くない部屋などでは、かいた汗が蒸発しにくいため

体温が下がりにくく、熱が身体にこもってしまいがちになります。

 

②睡眠中

コンクリート製の建物の場合、日中に蓄えた熱を夜間に放出するため

部屋の温度が上がりやすくなります。また、夜間のトイレを気にして

水分の摂取を控える方も注意が必要です。

 

③運転中

車内の場合、窓を閉め切ることで風通しが悪くなり汗が蒸発しにくくなります。

そして運転中のトイレを減らすために水分を制限する場合も危険です。

 

上記のような環境にいる場合は、エアコンや扇風機を使用して

室内の空気を循環させ、こまめな水分補給を心がけるようにましょう。

また、発汗と一緒に失うミネラルや塩分(電解質)も不足しないように、

バランスの取れた食事の摂取や、場合によってはスポーツドリンクなどで

“かくれ脱水”を予防しましょう。

 

お子様と高齢者は『かくれ脱水』に特に注意!

 

『隠れ脱水』に特に注意したいのはお子様とご高齢者です。

 

00044559_350A

お子様は成人に比べ体液の量が多く、不感蒸泄(皮膚や呼気から

知らない間に失われる水分)も多いため、保護者の方が水分や電解質の

補給を常に気にかけてあげなければなりません。

 

 

また、ご高齢者は全体的な食事量の不足や、加齢により喉の渇きを自覚する機能が

低下したり、トイレの回数が増えないように水分の摂取を控えたりする場合が

あるので、自ら意識して対策をとると同時に、周囲の人がサポートすることが重要です。

 

睡眠前の1杯と目覚めの1杯

人は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくといわれています。

寝ている間に体の水分が失われることによって、血液の濃度が濃くなり

血管が詰まりやすくなってしまいます。

 

血圧が上昇する起床時に心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすいのはこのため。

睡眠前にコップ1杯のお水を飲んで寝るようにしましょう。

 

 

また、目覚めてすぐにお水を飲むことで夜間に失った水分を補給することができます。

さらに、脳や内臓にも刺激を与えられるので、スッキリと活動を開始することができます。

00046491_350A

就寝前と就寝後にお水を1杯ずつ飲みましょう!

 

 

睡眠前の1杯と目覚めの1杯はぜひ習慣にしてほしいことのひとつ。

いつでも飲めるように、枕元にキヨラビを置いているお客様も多くいらっしゃいます。

 

もう少し暑い時期は続きますので、かくれ脱水対策を行いつつ、残暑を乗り切りましょう!

 

The following two tabs change content below.
内藤 恵里香

内藤 恵里香

30代女性スタッフ。管理栄養士。専門知識を生かした、コラムをお届けします! 日々、水素パックでアンチエイジングケア中! 趣味は、お酒と旅行です。ペットのちくわ(ハムスター)を溺愛しています。

業界No.1の水素濃度を誇る、
「ナノ水素水キヨラビ」を試してみませんか?

水素水のKIYORABI

水素入浴剤のさくらキヨラビ

KIYORABIのSNS

水素水に関する役立つ情報や、商品の最新情報などをいちはやくゲット!

本日の人気ランキング